ヒーリングライアーとは?

『これは何ですか?』
サロン奏喜(Hibiki)にお越しくださるほとんどの方がおっしゃるご質問。

『ヒーリングライアーです』

アンドレアス・レーマン氏考案によって考案されたライアーで、ヒーリングライアーと呼ばれるものです。

ドイツ在住のアンドレアス・レーマン氏は、1978年からライアー製作を始めました。
元シュタイナー学校教師で、現在は、ヒーリングライアーを製作、製作指導、癒しの音のWS等をされています。

サロン奏喜のヒーリングライアーはレーマンさんの手彫り。
タオライアーは桜の木、ティラルライアーは楓の木の一枚板で作られています。

ヒーリングライアーはその形を見て頂くとわかるのですが、共鳴箱がありません。
構造的にはオープンライアーと呼ばれます。
このオープンライアーという構造によって弦から生まれる振動はすべて身体に直接伝わることになります。
その響きは、現代人が忘れてしまった根源的な感性を呼び覚さまします。

レーマン氏のヒーリングライアーは現在、タオ、チビタオ、ステラ、ガイア、ソルフェジオ、ピッコロ、ピッコリーナ、リラムという種類があります。

タオ、ステラ、ガイア、ソルフェジオは、1音につき、3本の弦で構成されています。
そのため、音が倍音のように響きます。

チューニングは432Hzというのもヒーリングライアーの特徴です。
ソルフェジオやピッコリーナはソルフェジオ音階のみを奏でます。

タオライアー

音の構成は、DEAB(レ・ミ・ラ・シ)身体・感情・精神に作用するので、使える範囲が広く、色々な状況に対応できます。

例えば、とても疲れたとき、自分の身体の上に自分で奏でることで、すっきりする…といった、実質的な効果も得られます。
エネルギーを感じる部位や感じ方は千差万別で、音と共鳴共振して、心身に深く作用していることが実感できます。

ステラライアー

音の構成は、タオの音に、Gの音が加わりDEGAB(レ・ミ・ソ・ラ・シ)DEGABDE(レ・ミ・ソ・ラ・シ・レ・ミ)ペンタトニックといわれる音階です。

タオよりも2オクターブ高い音からはじまるので 光のキラキラしたイメージがします。
「光に繋がることが得意なライアー」といわれているのですが、天から降りそそぐ光のような音の響きなのです。

 

「静けさを聴く」楽器として発展してきたライアー。
ヒーリングライアーもまた「静けさに耳をすます」楽器です。
繊細で優しい音色は、私たちの内面に「耳を傾ける」ことを思い出させてくれる「ひびき」です。
忘れていた静けさに気づいていきます。

大地に座し
木々に、水に、光に   天地に向かい、奏でん
大調和
我、我にて、我にあらず
融合のとき

(パンフレットより)

 
最寄り駅;JR須磨駅
TEL: 078-793-5655
MAIL : info@salon-hibiki.net
JR須磨駅より徒歩10分